Last modified: Sun Dec 8 00:35:31 JST 2002

「ウチコミくん」ソフト開発についての詳細

非営利団体 SCCJ との 共同研究の成果をベースに、 音声出力によるキータイプ練習ソフト「ウチコミくん」を開発しました。
このページでは、「ウチコミくん」のバグやバージョンアップに関する情報、 開発者やサポーターのための情報を提供します。

「ウチコミくん」に関するリンク

製品情報と購入申込

その他

「ウチコミくん」Q&A暫定版

by 園さん【2001/06/07】

Q.ノートパソコンでは使えないのですか?
A.使えますが、一部ガイドと異なる場合があります。
  ノートパソコンの場合、アルファベッドなど主なキーの位置は
  共通ですが、機能キーの位置が異なったり、またはキーの組み
  合わせで1つのキーの機能に、置き換えています。
  同じメーカーであっても、機種により異なる場合もあります。
  従って、レッスン(ルート)の00,01での位置の説明などが
  異なります。
  「ウチコミくん」で多用する、[ESC]、[PAUSE]、[HOME]の位置
  が分かれば、問題なく使えます。
  109日本語キーボードを別途購入して接続し、使われること
  をお勧めします。

Q.「ウチコミくん」が説明しているキーが着いていないのです 
  が。
A.前述のノートパソコンや、106日本語キーボードなどで「ウ
  チコミくん」が説明しているキーが着いてない場合は、ENTER]
  キーで、スキップしてください。

Q.カナ入力の練習は出来ないのですか?
A.「ウチコミくん」Ver.1.0では対応していません。
  電子メールのアドレスやホームページのアドレス(URL)などア
  ルファベッドで入力しなければならないことが多いので、ロー
  マ字入力を基本と考えています。
  カナ入力用のシナリオを作ることで対応は可能です。

Q.ルート01まで練習して、翌日また始めると、ルート00から
  始まってしまいます。
A.「ウチコミくん」がスタートして、総合案内カウンタ-の説明
  が終わって、10秒以内か、または案内している途中で、テン
  キーかカーソルキーでルートを選んでください。
   全くキーの位置が分からない方のために、「ウチコミくん」
  がスターとすると、10秒で最初のルートが選ばれるように 
  なっています。

「ウチコミくん」サポート情報

製品版「ウチコミくん」(バージョン 1.0)の既知の不都合をまとめます。

インストールにおけるスクリーンリーダーの利用

スクリーンリーダーの音声出力と同時に別のソフトで音声を出力できない機種では、 「ウチコミくん」のインストール時にエラーが発生します (下記の「問題2」をお読みください。)
これは「ウチコミくん」のインストーラーが独自の音声出力機能を持っているためです。
この場合、「ウチコミくん」をインストールする前には、 スクリーンリーダーの音声を停止させておいてください。

バグとアップデート

以下の問題を把握しています。御理解と御協力をお願いします。

問題1(2001年6月2日)

症状
インストール完了後「ウチコミくん」を起動しようとすると、
「UkkPlayer 実行時エラー '429'
ActiveX コンポーネントはオブジェクトを作成できません。」
というメッセージが表示され、実行できない。
対策
アップデート1を御利用ください。

問題2(2001年6月2日)

症状
インストール中断後、再びインストールを実行したときに、 何も表示されなくなり、インストールもアンインストールも できなくなる。
対策
「ウチコミくん」の削除について をお読みください。

問題3(2001年6月2日)

症状
インストール後、実行すると最初の効果音の後で 「実行時エラー9・インデックスが有効範囲にありません」 というエラーが発生する。
対策
アップデート2を御利用ください。

機能の制約

音量調整ができない機種

音量調整機能がないパソコンでは「エラー9」が発生します。 これはアップデート2で 解決しますが、この場合、「ウチコミくん」での音量調整はできません。

シナリオ開発者向けの機能

「ウチコミくん」(UkkPlayer 2.0) はプルダウンメニューと ショートカットキー操作を 備えていますが、これらはシナリオ開発者向けの機能であり、 エンドユーザへの動作の保証はできません。

Windows NT/2000 における制約

Windows NT/2000 ではユーザによって権限の制約があり、 m コマンドで shutdown が動作しない ことがあります。 この場合は exit と同じ動作をします。

音声合成に関するトラブル

合成音声がおかしな声になったり、でたらめな外国語しか 出力されないことがあります。 これは Speech API (SAPI) に対応する他の音声合成エンジンの 影響でおきると考えています。 英語音声合成エンジンがインストールされている場合に起きやすいようです。
対応は現在検討中ですが、「コントロールパネル」→ 「アプリケーションの追加と削除」→「インストールと削除」にて "Lernout & Hauspie TruVoice American English TTS Engine" を削除すると正しく動作するようになった事例があります。
IBM ProTALKER 97 が同時に2つ以上インストールされていないかどうかも 確認してください。


Takuya Nishimoto